TODAY edition WOOL LINEN MOD'S COAT

 

こんにちは。

 

連日の投稿になりますが、言葉を綴るというのは頭を使いますね。

 

ライターをやっている人は、膨大な言葉数の中からウィットに富んだチョイスをして、尚且つ端的にユニークに起承転結があって凄いなと。

 

僕も学生時代は小論文は得意だったんだけどなぁと不慣れな前置きから書き綴ってます。

 

今日は当店でもアートならコレでしょ!な立ち位置のTODAY edition のスペシャルアイテムのご紹介です。

 

TODAY edition WOOL LINEN MOD'S COAT

Size / FREE

Color / Natural,Black

Price / ¥99000-

 

 

 

 

 

 

まずは、圧倒的なビジュアルの只者ではない雰囲気のモッズコート。

 

デザイナー自身、頻繁に着用しているのをお見かけします。

 

定番となりつつあるTODAYのモッズ。ウールリネン地で、春も秋も。なんならお持ちのライナーを装備すれば真冬だって。

 

 

 

 

 スペシャルな要素はここにあります。

 

贅沢にも一枚一枚、デザイナー自身によるハンドペイント。一つの作品を着ているイメージです。

 

煌びやかなアメリカ国旗をベースに、HOLD ON を重ねています。

 

このリベラルなアートに毎回心を打たれます。

 

自身のリスペクトするカルチャーや人物を重んじつつも、オリジナリティー溢れるアートこそTODAYであり、さすがだなぁと思わせられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ウエスト部の絞り、ミニマムなフラップポケット、ライナー用のボタンをあえて残したスタンドカラー。

 

オリジナルのボディで、ウールリネン特有のドレープ感。

 

スペシャルなアイテムですが、決して肩肘張るようなディテールではなく、あくまでM-65に忠実なパターン。

 

 

 

 

モデル 168cm サイズ FREE着用 

 

 

 

変に意識するより、普段の服装に普段通り合わせてみてください。ヤンキースのキャップで良い訳です。

 

ふわっとふくらみが出て、どんな方でも対応出来るワンサイズの展開。

 

バッジやピンズでカスタムしても良いですね。TODAYフリークな方の着こなしでよくお見かけします。

 

間違いなく、自身の定番アウターになるんじゃないかと思います。ややトレンディなM-65ですが、また時代は回ります。そんなときに引っ張りだして、着られるそんなアウターです。

 

良いアウターを適当に着る。ラフで良いんです。

 

そんな金額じゃないのももちろん重々分かりますが、 ケチャップが飛んでも気にせず着ているくらいな器のデカい男が似合う気がします。

 

僕はしっかりその場で染み取りしますが。笑

 

失礼します。

 

TODAY edition WOOL LINEN MOD'S COAT